それは500点付近と600点付近には
英語力の大きな差があるからです

目次

なぜ600点の壁を感じるのか?

400点から順調にスコアを伸ばし、次は600点かなと考えている人は多いかと思います。しかし多くの人が、何度受験しても中々600点をクリアできないでいます。

その理由は、500~600点の間に大きな英語力の差があり、400⇒500点の100点をUPする時間の何倍もの学習量が必要だからです。

では、それはどれ位の時間かと言いますと、諸説ありますが、あるサイトでは100点UPさせるのに300時間とか、大手の通信教材では11時間で3ヶ月とか言われているようです。

 

NOTE

しかもその時間は、その会社が指定する教材を使用して、適切な学習をした場合です。独学の時間ではありません。

600点レベルとは

一般的に600点から履歴書にも記載できるとされていますが、この意味は600点あれば、英語を使って意思疎通ができると判断されるレベルです。

NOTE

500点位まで取得した人達が、同じ学習時間で600点をクリアする事は困難で、個人差はもちろんありますが、数倍の学習をする必要があります。

どのくらい学習したら良いのか?

あまりの学習時間の多さにびっくりされたかと思います。

しかし少し、安心して下さい。

600点の壁を感じている “あなた” はもうスタート地点にいるわけではないのです。

必要な時間が300時間だとしたら、もう道半ば位にはいるのでは、ないでしょうか?

でしたら、残り150時間を学習すれば達成する事になります。

NOTE

定期的な学習習慣が大切ですので、毎日の無料メルマガは如何でしょうか?
1日5分の勉強を心掛ければ、年間30時間は確保できます。

600点を取るためには

また苦手なPartがあると、600点取得が難しくなりますので、弱点を明確にして、その対策を行う事が重要となります。

ここまでお読み頂いた、あなたには二つの選択肢があります。

  • 1
    一つは、独学で学習し、これまでの何倍かの学習時間を勉強するやり方です。
    今は色んな情報も多く、時間を掛ければ誰でも達成できるでしょう。
  • 2

    もう一つは、専門家に習い、 +学習のプロと二人三脚で一緒に学習するというやり方です。
    継続は力なりです。


     

NOTE

しかし一人ではできる事は限られているので、TOEICのプロが弱点を正確に把握し、各人に合ったトレーニングを行う事で、効率良く学習できます。

まとめ

またお一人でお勉強される事が難しいと考えられている方もいらっしゃるかもしれません。

そんな方は一度、TOSの無料カウンセリングをお試し下さい。

公式問題集の回答を送付頂ければ、TOSの高得点講師陣が、あなたの弱点を分析し、学習方法のアドバイスを行います。

試験学習に疲れた時など、気分転換に如何でしょうか?

お電話でのお問合せ・ご相談

0957-47-5172

フォームでのお問合せは24時間受け付けております。お気軽にご連絡ください。