講師の紹介

Yuki講師

TOEICスコア:905点

担当コース
470点コース・600点コース
講師歴
5年

講師のYuki先生にお話しを伺いました。


【自己紹介】

講師歴5年の講師Yukiです。

アメリカ人の夫と子供達を育てています。 レッスン担当は主に夜、子供達が寝てからの22時~23時開始のレッスンを担当する事が多いです。

『お子さんが寝た後に落ち着いて集中してレッスンを受けたい!』という方にもぴったり!時間の融通が利くオンラインスクールだからこそのメリットです◎

ですから、同じような環境で、TOEICのレッスンを受講したい皆さん!是非、私のレッスンも受講して下さいね^_^

 

【趣味】

趣味は子供の動画を撮影したり 編集したりして楽しんでいます。なかなかの腕前で、 TOEIC塾のビデオ編集も頼まれています。出来上がったら、見てみて下さい。またX'mas用の図画工作を1年間かけて作成したりします。

TOSはリアルの教室ではないので、 飾り付けができないのが残念です><。

 

【TOEICの経験】

TOEICの経験は、高校時代に530点、それから大学時代に860点を取得しました。

そして、社会人になってから905点を取得しました。 特に留学する事もなく、国内の勉強だけで900点を超えたので、皆様に教える時にも参考になるかと思います。

こんな私とTOEIC600点の壁を一緒に叩き壊しましょう!

By Yuki

Kurumi講師

TOEICスコア:835点

担当コース
470点コース・600点コース
担当
アシスタント講師

アシスタント講師のKurumi先生にお話しを伺いました。


TOEIC on Skype(TOS) 日本人講師のKurumiです。

TOSは ”ハイテク英会話” を目指していますので、 動画等でのオンライン解説も私達が担当します。 是非、スマホでチェックしてみて下さいね!

【英語に興味をもったきっかけ】

私が英語に興味を持ったのは、 小学生の時にたまたま見かけた ドラマで イケメンの外国人の姿を見て一目ぼれしたのが 始まりです。

それからドラマの英語を字幕なしで理解したいと思い、 英語を勉強し始めました。だから英語は得意科目でした。

 

【英語を専門的に勉強しようと思ったきっかけ】

高校時代に国際交流制度があり、 学校にアメリカ人の方々が来て、話す機会が与えられていました。 英語は得意な方でしたので、 なんとかなるだろうと話しかけてみました。 相手が子供と遊んでいたので、 “Do you like children?” と聞いたまでは 良かったのですが、 “Yes, she is fun.” と回答された後、 何を言えばいいのか分からず、 固まってしまいました><。

机上での勉強では、質問対して答えるだけです。 でも実際の会話は、その後に話したり、色々な事が必要になります。

———————————– ”英会話は実戦練習が大事!”  ———————————–

 

と痛烈に感じた瞬間でした。 似たような経験がある方はお分かりかと思いますが、 実際に話さないと、なかなかスムーズに会話できないものですよね。

それを感じたのが、私が英語を専門的に学習しようと 決めたきっかけです。

 

【英会話をどのようにマスターしたのか】

その後、SKYPE等を駆使して、ネイティブと英会話のトレーニングをしました。

これが、私が日本にいながら英会話をマスターした 方法です。 英語は量をこなせば、こなす程上達します。 しかも、難易度は低く、量さえこなせば、 誰でも話せる様になるのです。 練習量は英語の上達を裏切る事はありません。 (ネイティブは誰でも英語を話すのです。)

今は技術が発達し、国際交流の機会も増えているので、 日本にいながらネイティブと話せます。

英語のシャワーを浴びる事が上達の最短の道なのです。

 

【好きなことは】

絵を描くのが大好きなので、TOEIC塾のリアルの英会話教室の、

KIDSレッスン用のカードも 自作しています。 アメリカ人のMaya講師も絵がうまいですが、 教室のトップデザイナーの座は渡しませんよ!

 

【夢をおしえてください】

自然が好きで、世界中の色んな場所に旅行したいと考えています。 

今、一番行きたい場所はノルウエーです。 山や、湖が非常に綺麗な国で自然が豊かで 心が落ち着きそうな場所だと思います。   先日も航空会社の方と話す機会があり、 いい経験をさせて頂いています。

留学中にはBlog等で現地の情報を皆様に配信しますね。 かなり先の話ですが、お楽しみに!

お電話でのお問合せ・ご相談

0957-47-5172

フォームでのお問合せは24時間受け付けております。お気軽にご連絡ください。